髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
今年の漢字は「変」 社会全体が変わらなきゃ・・・  正平調 八葉蓮華
今年の漢字は「変」 社会全体が変わらなきゃ・・・  正平調 八葉蓮華
アメリカでわき起こった「チェンジ」のかけ声が、日本列島でも響き渡ったようだ。きのう発表された今年の漢字は「変」だった◆恒例行事の感がある首相交代はともかく、確かに政治も経済も「変化の多い一年」だった。いや、食品偽装問題、株価の暴落、「誰でもよかった」の一言とともに相次いだ殺人事件など、振り返れば「大変な一年だった」と言った方がいいかもしれない◆先月、一足先にインターネットのブログの書き手が選ぶ今年の漢字が発表されたが、こちらも「変」だった。ほかに投票の多かった漢字は「崩」「金」「迷」「壊」。五つの文字をずらっと並べて、今更ながら「異変の多い一年だった」と思わずにはいられない◆今年の主役の一人麻生首相が選んだ漢字は「気」。やる気、元気の気だそうだ。これから年明けの通常国会に向け、足元で日増しに高まる批判の声など「気」になることも多いだろう。願わくは、国民の「気がめいる」ような言動は慎んでほしい◆この一年を表した創作四字熟語に「暗増景気」(くらさますけーき)というのがあった。来年は明るさを取り戻したい。雇い止め、内定切り、貸しはがし。非正規労働者の「生きさせろ」の声。ちょっと前のテレビCMではないが、社会全体が「変わらなきゃ」と痛感する◆今年の漢字を毎年揮毫(きごう)する清水寺の森清範貫主が、毎日新聞のインタビューに答えていつか書きたい漢字として「恕(じょ)」を上げていた。心の底から思いやる、相手の気持ちになるという意味だそうだ。来年は力強く「恕」と書き入れられる年に、と願う。

正平調 神戸新聞 2008年12月13日

八葉蓮華、Hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2008-12-13 12:15 | 正平調