髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
昭和三十三年 東京タワー・チキンラーメン・スーパーカブ・スバル360・・・  正平調 八葉蓮華
昭和三十三年 東京タワー・チキンラーメン・スーパーカブ・スバル360・・・  正平調 八葉蓮華
その年、神戸で「革命」と「破壊」の波が起こった。流通革命と価格破壊である。三宮で主婦の店「ダイエー」のチェーン第一号店が開店した◆一九五八(昭和三十三)年のことだ。まだ、高度経済成長の前夜だが、バイクの「スーパーカブ」や、てんとう虫の愛称で知られる「スバル360」など優れた工業製品が、次々と世に送り出された。安藤百福さんが「チキンラーメン」を発売したのもこの年◆もう一つ、新しい時代の到来を告げる建築物が東京に登場した。三百三十三メートルと、世界一の高さを誇る電波塔「東京タワー」だ。オープンは暮れも押し迫った十二月二十三日。それは「テレビ時代」の幕開けでもあった。主婦の店、マイカー、テレビ…。大衆が主人公となる時代がすぐそこまできていた◆五八年は映画の「ALWAYS 三丁目の夕日」のヒットで、古き良き日本を象徴する時代のように言われるが、都市部では狭いアパートの部屋に何世帯もが暮らした。新聞には、大人に囲まれて眠っていた赤ちゃんが圧死してしまう事故がたびたび登場する◆勝ち組、負け組の言葉こそないが、当時の経済企画庁は、白書で高所得者と低所得者の格差拡大を危ぶんだ。年金や健康保険などの社会保障は、論議が本格化したばかり。厳しさが募る街で、つち音とともに高さを増していく世界一のタワーに、人々はどれほど元気づけられたことだろう◆大量の鉄の一部には、朝鮮戦争の休戦で米軍が払い下げた戦車の鉄が使われた。戦車は特殊鋼でできており強度が高い。東京タワーは、平和の産物でもあった。

正平調 神戸新聞 2008年12月23日

創価学会 企業 会館 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2008-12-23 23:00 | 正平調