髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
オバマ大統領の門出に二百万人の群衆・・・  日報抄 八葉蓮華
 米国史上初の黒人大統領の門出に二百万人が集まった。ワシントンの議事堂前。演壇の前に広がる緑地帯は、星条旗を打ち振る群衆が巨大なじゅうたんとなって敷かれたかのようだ。「オバマ!」とともに人波がうねる。未明のテレビに映った就任式は圧巻だった

 民主主義は桜色? 壮大な光景をぼんやりと眺め、ふと思った。国旗の赤と青、肌や髪の多様な色が溶け合い、織りなしたじゅうたんだ。それが濃い桜色に見えたのだ

 新潟新聞主筆も務めた「憲政の神様」尾崎行雄は東京市長時代、桜二千本をワシントンに贈った。大統領夫人の願いを知った尾崎の日米友好の証しだ。一九〇九年、ちょうど百年前である

 最初の桜は害虫被害で焼却されるが、三年後に三千本が送られる。世紀を経てポトマック河畔は、満開の桜が春を彩る。厳寒の就任式会場も、あの熱気ならば“憲政の桜”が咲きだしても不思議でない

 「建国の父たちは、危機に直面しながらも、法の支配と人権を保障する憲章を起草した。この理想の光はご都合主義で手放すことはできない」。オバマ氏の演説を、四キロ先の真正面に座るリンカーン像はどう聞いただろう

 四十六年前、この像を背に「私には夢がある」と叫んだキング牧師も、この日をどれほど夢見たことか。オバマ氏とリンカーン像を結ぶ中間には、初代大統領ワシントンの記念塔も立つ。時空を超え、憲政の主役たちが一直線に結ばれた。かの国から、たぎるような政治の熱が伝わる。うらやましくて、やがてもの悲しくなった。

日報抄 新潟日報 2009年1月22日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-01-22 23:01 | 日報抄