髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
法治国家 「逃げ得」となっては被害者の感情も・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 考えてみれば時効というのは奇妙な制度だ。例えば金を借りても一定の条件で時間が経過すれば返さないのが認められる。人を殺していても逃げおおせれば逮捕されることはない。

 政治学者の丸山真男さんは学生時代に受けた講義で、民法の時効の根拠について、教授から「権利の上に長く眠っている者は民法の保護に値しない」と説明され、なるほどと思ったという。

 ただし最近の民法学説では、永続した事実状態を尊重し、時間経過によって領収書提示など立証の困難さも救済するなど、多元的に考えるようになっている。

 一方、刑法上の時効の根拠は、長い時の経過によって証拠が散逸し関係者の記憶も薄れ、犯罪の証明をするのが困難になること、さらに被害者の処罰感情も薄らぐと説明されてきた。

 ところが、DNA鑑定など科学的捜査が進展し、証拠の長期保存も可能となり、裁判での立証が容易となった。このため法務省は公訴時効制度について、殺人などの重大事件では期間延長や制度廃止を検討し、三月までに報告書をまとめる。

 残虐な事件では遺族らの処罰感情が強く、時効の撤廃を求める声が高まっていることも理由だ。犯人の「逃げ得」となっては法治国家の基盤が揺らぐ。大きな変更だけに感情に流されず冷静に議論を深めたい。

滴一滴 山陽新聞 2009年1月25日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-01-25 23:01 | 滴一滴