髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「心の遠きところ花静なる田園あり」自然に触れる機会が減っている・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 「心の遠きところ花静なる田園あり」。岡山市出身の児童文学者坪田譲治が、色紙などによく書き付けた言葉だ。

 譲治ほど少年時代の思い出を大切に温め続けた作家はいないのではないか。「坪田譲治展」が、岡山市の吉備路文学館(四月二十六日まで)と岡山市デジタルミュージアム(今月二十二日まで)で開かれている。

 譲治の回想記を素材に作品世界を再現した文学館の展示が興味深い。春は重箱にごちそうを詰めて舟遊び。夏はフナやドンコツなどの魚取りに夢中になった。彼が創造した善太と三平の世界そのものだ。

 デジタルミュージアムは、母校である石井小学校で譲治が行った講演の映像が面白い。譲治の出生届を役場に出すのを忘れていた両親、村に現れた米泥棒の話などユーモアたっぷりで、何とほのぼのとした時代だったのだろう。

 譲治の生まれ育った岡山市島田本町を歩いてみると、今は町工場や民家、商店が立ち並ぶ普通の下町だ。田んぼはなくなって、子どもたちが遊びに興じた川はコンクリート護岸に変わり魚も少なそうだ。

 善太と三平が駆け回った野趣あふれる世界は物語の中にだけ存在するのだろう。自然に触れる機会が減っている今だからこそ、子どもたちに坪田文学の魅力にたっぷりと触れてもらいたいと思う。

滴一滴 山陽新聞 2009年2月15日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-02-15 23:58 | 滴一滴