髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
国際・国内線のハブ機能を持つ二十四時間空港の力をもっと生かしたい・・・ 凡語 八葉蓮華
 遠いと評判の悪い関西空港が近くなりそうだ。金子一義国土交通相が二月、橋下徹大阪府知事に関空の機能強化策として、大阪の都心を地下で南北に貫く「なにわ筋線」の建設プランを示した

 完成すれば、現在約一時間かかっている大阪駅-関空間が大幅に時間短縮できるという。京都発の関空特急「はるか」もこのルートを通る見込みで、京都からのアクセスも大きく改善される

 開港から十五年目に入った関空。旅客数が伸びず、とりわけ国内線の不振が目立つが、最大の理由は京阪神からのアクセスに時間がかかりすぎることだ。だが、それは計画段階から自明のことだった

 計画を作るときは反対運動もあり、騒音問題のない空港が大前提だった。そのため都心から離れた泉南の海上に建設が決まった。計画作りをリードした元京都大総長の故奥田東氏は不便だと批判されると、「騒音ゼロの空港」と反論し、胸を張っていた

 利点と利便性を両立させるために欠かせないのがアクセスの高速化で、開港当初から将来の課題になっていた。資金面のハードルはあるが、ようやく実現へ検討が始まった

 開港前、JR幹部が「将来、京都発パリ行き特急を」と夢を語っていた。定時性のある列車。パリ行き便などに連絡する運行も可能だろう。関空が近くなれば世界が近くなる。国際・国内線のハブ機能を持つ二十四時間空港の力をもっと生かしたい。

凡語 京都新聞 2009年3月9日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-03-10 23:00 | 凡語