髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
就職活動「売り手市場」が一転し、「氷河期」の再来・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 「就職ジャーナル」といえば、学生向けの就職情報誌として定評があり、かつてお世話になった記憶がある。現在発売中の「四・五月号」を最後に休刊すると、発行するリクルートが発表した。

 創刊されたのは一九六八年で、四十年の歴史を超えたところだ。バブル崩壊後の就職が厳しかった九二年には「就職氷河期」という新語まで生み出した。

 しかし、今では学生の就職活動はインターネットのサイトを通じて行うのが一般的になっている。発行部数も減っていた。六月からはウェブサイト版に移行する。

 本紙地方経済面で掲載が始まった就活コーナーでも、最近の学生の就職事情を知ることができる。内定者の体験談では、受験した企業は実に二十―二十五社に上っている。断られても落ち込まず、前向きに挑戦する。そんな強い意志が見て取れる。

 ただ、今が本番の来年春卒業予定の学生の場合、前年度までの「売り手市場」が一転した。正社員にまでしのびよる雇用情勢の悪化は、「氷河期」の再来を危惧(きぐ)させる。

 かつての就職氷河期に、正社員になれなかった新卒者で、フリーターや派遣社員を続けざるを得ない人も多く、低収入などが社会問題になっている。ここは学生の一段の踏ん張りが必要だが、社会全体で守り育てる姿勢も欠かせないだろう。

滴一滴 山陽新聞 2009年3月12日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-03-12 23:56 | 滴一滴