髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
大盤振る舞い「ご利用は計画的に」半分が借金頼みの暮らし・・・ 日報抄 八葉蓮華
 「入るを量りて以(もっ)て出ずるを為(な)す」。中国の成句を引き合いに出すまでもなく、収入の多少を考え、支出を決めるのは財政の鉄則だ。「ご利用は計画的に」。消費者金融の広告に教わらなくとも、多くが身の丈に合わせて家計をやりくりしている

 不況下の国家財政といえども、基本はおなじはずだ。十五兆円を超す追加経済対策は空前の財政出動という。ただ「霞が関の埋蔵金」をあらかた掘り尽くし、大半が借金と聞くと心配になる

 本年度の予算規模は、追加対策を加えて百兆円を超す。当初の国債発行三十三兆円に、十兆円前後の借金が重なる。家計なら、半分が借金頼みの暮らしとなる

 昨年末の国の借金は八百四十六兆円。ネットには国の借金を秒単位で示すサイトもある。一秒で数十万円、一時間で十億円以上も利息が膨らんでいく。くるくる変わる数字に目が回りそうだ

 赤ちゃんを含め一人七百万円近い借金を、どうやって返していくのか。「百年に一度の…」。麻生首相の決めぜりふの前では、曲がりなりにも守ってきた財政規律など嵐の中の落ち葉のようだ。定額給付金や「高速千円均一」に続き、エコカーや省エネ家電の購入補助、子育て応援手当…。多くは時限措置で、その夜限りの大盤振る舞いである

 「借金をいさぎよくする祭前(まつりまえ)」。古川柳は、祭り好きの江戸っ子の気前良さを詠んだ。でも、宴(うたげ)の後は借金返しに、せっせと汗するのもまた江戸っ子だ。解散総選挙という祭前、政府がいさぎよくする借金の方は、いずれ国民に請求書が回ってくる。

日報抄 新潟日報 2009年4月14日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-04-14 23:57 | 日報抄