髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
世界最大の自動車市場「そっくりでショー」模倣車が堂々とスポットライト・・・ 大自在 八葉蓮華
 昨年のことだが、中国で、日本の多くの地名が農産物や工業製品の商標に使われている、と日本貿易振興機構(ジェトロ)が発表し、各地の自治体に注意を呼びかけたことがあった。商品に府県や政令市の名称を付けることで、日本のブランド力にあやかろうとの狙いがあったようだ

 例えば、全国で名の知られたリンゴやナシ、ミカンにしても厳しい産地間競争を経て育った特産品だからこそ価値があり、誰もが認めるようになる。それを特産地の名称だけいただこうとは、まさに中国由来の四字熟語「羊頭狗肉」ではないか、といささかあきれてしまったことを思いだす

 しかし今回はあきれたというより、中国政府の権威が問われることになりはしないか。開幕中の上海モーターショーで、日本や英国のメーカーのデザインを模倣したとみられる中国製乗用車が複数展示されているという。テレビで報道していたが、確かによく似ていた

 ロールスロイスの担当者が「こんな模倣は世界でも見たことがない」と苦笑いしたそうだから、外見はたぶん同じに見えたのだろう。模倣品は珍しくない国だが、本物が展示されている近くで、模倣車が堂々とスポットライトを浴びているモーターショーはどこか不思議だ。「そっくりでショー」とでもサブタイトルが付いていなかったかどうか

 中国はことし1月の新車販売台数で米国を上回り、世界最大の自動車市場になった。世界に影響力を発揮しつつある大国が模倣に寛大な国と見られてはこけんにかかわろう

 膨大な努力や無駄を重ねた末に実った“果実”をかすめとられては公平ではない。「創造は難しく、模倣はやさしい」(コロンブス)のである。

大自在 静岡新聞 2009年4月23日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-04-23 23:55 | 大自在