髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
隔離政策の冷酷さ「記憶の風化」過ちを繰り返さないために・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 片手で持ち上げるのが困難なほど重量感のある本だ。内容も真実の重みがぎっしりと詰まっている。

 岡山県ハンセン病問題関連史料調査委員会がまとめた「長島は語る 岡山県ハンセン病関係資料集」である。B5判、八百ページで、瀬戸内市にある国立ハンセン病療養所「長島愛生園」と「邑久光明園」に関する未公開文書を中心に収録してある。

 二年前に刊行した戦前に焦点を当てた前編に続く戦後編だ。ハンセン病に対する偏見、差別の筆舌に尽くしがたい実態が記録されている。公文書が多く、堅苦しい文章からはかえって隔離政策の冷酷さが浮かび上がる。

 「この学校には修学旅行がない」。長島にあった小中学校分校に勤めた入所者補助教師の思い出の記も載る。「昭和二十三年ごろ、長島を一周したのが最初だった。一時間ばかりですむが、島を離れて海上から眺めることは、大きな喜びであった」。

 強制隔離の島で学ぶ子どもたちにとって、自由な旅行は夢だった。「電車やバスで一泊旅行が許されたら、彼らはどんなに喜ぶだろうと、思ったことは一度や二度ではなかった」と教師の苦悩を記す。

 長島から学校は消え、現在は入所者の高齢化が進む。記憶の風化がいわれるが、過ちを繰り返さないためには過去を知り、伝えていかなければ。

滴一滴 山陽新聞 2009年4月27日
地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-04-27 23:56 | 滴一滴