髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「子どもの権利条約」過酷な現実を突きつけられた子どもたち・・・ 大自在 八葉蓮華
 暴力や虐待、差別、いじめなどに苦しんでいる世界の子どもたちの基本的人権を保障する必要があるとして「子どもの権利条約」が国連で採択されたのは20年も前のことである

 子どもが「生きる」「育つ」「守られる」「参加する」権利を定め、意見を表明する権利、国籍を持つ権利などが盛り込まれた。もちろん、子どもへの差別の禁止、虐待の禁止なども定められた。日本が同条約を批准してから既に15年が経つのに、その権利とはかけ離れた過酷な現実を突きつけられた子どもたちがいる

 2年ほど前、本紙に載った、子どもの権利に詳しい弁護士の言葉を思いだす。当時、啓発活動は行われたが、「まかれた種を育てる意思が薄いから“根腐れ”が進行している」と。子どもの権利条約は、日本に定着していないとの指摘である

 大阪市で、またやりきれない事件が起きてしまった。遺体で見つかった小学校4年の松本聖香さん(9つ)は、同居していた小林康浩容疑者(38)から日常的に虐待を受けていたとみられ、一日中ベランダに出されている姿が目撃されている

 最悪の結末を迎えるまでに、聖香さんからはさまざまな“SOS”が発信されていた。ほおの付近にあざがあるのに気づいた学校の養護教諭に「お父さん(小林容疑者)にたたかれた」と話し、自宅マンションの複数の住人は「殺すぞ、放りだす」「ギャー」という叫び声を聞いている

 学校や行政、地域に暮らす私たち一人一人が子どもの権利に、もっと敏感にならなければと思う。「あの時、…していれば」という声が聞こえる間は、意識はまだ“飾り物”にとどまっているのではないか。飾るだけでは何の効き目もない。

大自在 静岡新聞 2009年4月28日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-04-28 23:56 | 大自在