髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「国際盲導犬の日」犬を信じて、私が歩いている・・・ 凡語 八葉蓮華
 犬と人間の付き合いは実に長い。約一万五千年前、西アジアでオオカミが飼育され、世界中に広がったというのが定説とか。子孫は番犬や猟犬となり、人間を助けてきた

 視覚障害者を安全に誘導する盲導犬も人間社会に欠かせない。一世紀に火山噴火で壊滅したイタリアの都市国家ポンペイ遺跡の壁画に、犬に導かれて歩く目の不自由な男性が描かれていたという

 盲導犬ドゥーリーは大津市に住む濱本捷子(はまもとかつこ)さん(67)にとって「以心伝心」の心強いパートナーだ。五十歳で失明し、心細く引きこもりがちの彼女が立ち直れた契機は、盲導犬と共に明るく生きる女性との出会いだった

 盲導犬の素晴らしさを教わり、貸与を受けるには自身が自立しなければならないと、一念発起。京都ライトハウスに一年間入寮して、厳しい中途失明の生活訓練に耐えた。「犬を信じて初めて歩いたとき、〈私が歩いている〉って実感できた」

 きょうは「国際盲導犬の日」。国際盲導犬連盟が毎年四月の最終水曜日と定め、二十数カ国で盲導犬の普及を促す。関西盲導犬協会によると、全国で五千人以上の貸与希望に対し、盲導犬は約千匹。育成には一匹約三百万円かかり、市民や企業からの浄財などが頼りだ

 濱本さんはドゥーリーを伴い、よく小学校などへ講演に出掛ける。外出先で多くの親切に触れつつ、盲導犬への理解が少しずつ広がり、深まってほしいと願う。

凡語 京都新聞 2009年4月29

創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-04-30 23:56 | 凡語