髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
一日のうち八時間は働いて、八時間は眠って、あとの八時間はわれわれの自由に・・・ 正平調 八葉蓮華
 「見えない敵に対し、一致団結して戦えば必ず勝ち抜くと確信している」。先日、東京で開かれた連合の中央メーデーのあいさつだ

 言葉の主は舛添厚労相。ここで言う「見えない敵」とは新型インフルエンザを指す。昨日、世界保健機関(WHO)は警戒水準をさらに引き上げ、世界的大流行(パンデミック)が差し迫っていると警告した

 メキシコに目を向ければ、感染拡大の足元に「貧困」という暗い穴が見える。治療を受けられず、栄養も不十分な人たちが、生命の危険にさらされている。では日本はどうかと見渡せば、やはり病院にかかることのできない、きちんと食事を取れない人たちの姿が浮かび上がる

 「一日のうち八時間は働いて、八時間は眠って、あとの八時間はわれわれの自由に」。メーデーのきっかけとなった一八八六年五月一日の統一ストライキで、シカゴの労働者が掲げたスローガンだ

 今年で八十回目のメーデーとなる日本では六月までに、十九万人の非正規労働者が仕事を失うとされる。シカゴで起こった八時間労働のスローガンは、過労死のない社会、仕事を分かち合う社会へとつながる。悲しいかな、その訴えは今なお、説得力を持って胸に響いてくる

 地球温暖化に経済不況、新型インフルエンザ…。「見えない敵」が次々私たちを脅かす。どれも孤軍奮闘では解決できないことばかりだ。団結ガンバロウもまた、色あせていない。

正平調 神戸新聞 2009年5月1日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-05-01 23:56 | 正平調