髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
中国・四川大地震から1年を迎える「被災地」槌音を響かせる復興工事・・・ 正平調 八葉蓮華
 薫風の季節、列島は新型インフルエンザに揺れる。さらに昨日民主党の小沢代表が辞任を表明した。風薫るどころか、嵐のような五月である

 昨年の五月はどうだったかと記憶をたどれば、アジアの二つの大きな災害に揺さぶられたことを思い出す。ミャンマーの南西部を直撃したサイクロンと、中国・四川で起きた大地震だ。死者・行方不明者は合わせて、二十五万人に上る

 ミャンマーでは、サイクロンによって海水が井戸に流れ込み、飲み水にも困る暮らしが続いている。現地から届いた写真を見ると、今もシートに覆われた応急処置の家が目に付く。これから季節は雨期へと向かう。被災地の不安は高まるばかりだろう

 対照的に四川では、復興の建設ラッシュに沸く。政府は金融危機を受けた対策として約五十八兆円の支出を決めたが、その四分の一を被災地に振り分けた。多額の公共投資に、中国のマスコミでは「大躍進」の文字も躍る

 「しかし…」。中国からの留学生に話を聞くと、そんな言葉が漏れた。「例えば阪神・淡路大震災の被災地では、犠牲者の名前を刻んだ碑があちこちにあるが、四川では誰が亡くなったのか、きちんと公表されていない」という。行方不明のままの住民もいる

 そんな中で槌音(つちおと)を響かせる復興工事を、人々はどんな思いで見つめているだろう。きょう四川は震災一年を迎える。人の顔の見える復興をと願わずにいられない。

正平調 神戸新聞 2009年5月12日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-05-12 23:56 | 正平調