髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
もやもやした未消化な気分「北方領土問題」難解、かなり難しい・・・ 大自在 八葉蓮華
 ロシアのレニングラード動物園生まれ、ホッキョクグマの「ロッシー」が静岡市立日本平動物園にお目見えして間もなく1年になる。園内でもホームページのライブ映像でも盛んに愛きょうを振りまき、北方の古都サンクトペテルブルクと静岡市の友好に一役も二役も買っている

 同じサンクトペテルブルク出身、こちらプーチン首相はいつも能面のように愛想がないのに、懸案のシベリア開発に日本から資金と技術協力を引き出したいのか、ロッシーのあどけなさにはかなわないが、心なしか笑顔が多いような気がしたがどうか

 でもプーチンさん、違う。賓客を迎える日本人の関心は北方領土の一点。それを百も承知でガードは堅い。「どんな難しい問題でも友人同士の間では解決できると確信する」と強調するものの具体的な言質は決して与えようとしなかった

 ロシア文学が難解なのは知っているが、それにしてもクレムリンの“名作”もかなり難しい。「新たな独創的で型にはまらないアプローチ」。日ロの首脳は2月、北方領土問題を前進させることを念頭に、そう合意文書を発表したではないか

 いったい、どこが独創的か、おとといのプーチンさんの会見を聞いてもさっぱり分からない。そのうえに今度は「双方が受け入れ可能な方法を模索する作業を加速する」という。作業加速は北方領土交渉の常套[とう]句だが本当に速度のついたためしがない

 原子力協定、刑事共助条約、水産物密漁・密輸防止協力などなど。首脳会談の成果文書に盛られた合意は山ほどある。しかし結局、北方領土は7月の首脳会談までお預け。プーチンさんはまた、もやもやした未消化な気分を残してきのう離日した。

大自在 静岡新聞 2009年5月14日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-05-14 23:56 | 大自在