髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
自分の頭上に落ちないと分からないかもしれないが、その時では遅い・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 半眼で座す巨大なブロンズ像の左手は地の平和を、右手は天から降ってきたまがまがしい物体を指している。先週末に訪れた長崎市の平和公園は、真っ青な空と赤いツツジに包まれていた。

 爆心地に近い長崎原爆資料館には、再現された被爆直後の街の惨状や遺品が展示されている。高熱で溶けた瓶やロザリオ、頭蓋(ずがい)骨が付着した鉄かぶと、放射線で肥大した脾臓(ひぞう)の標本、おびただしい黒焦げ死体の写真…。ただ言葉を失う。

 案内してくださったのは「平和案内人」のメンバーだった。高齢化する被爆者の体験を継承するために研修を受けたボランティアだ。登録者は百人を超えるという。

 週明けに飛び込んだ北朝鮮による核実験のニュースを、被爆地はどんな思いで聞いただろう。爆発規模は二十キロトンとも推測される。だとすれば長崎型原爆と同じ規模だ。

 オバマ米大統領の演説を機に核廃絶の機運が高まる世界の動きに冷や水を浴びせる暴挙。初の被爆地・広島では、被爆体験者が「自分の頭上に落ちないと分からないかもしれないが、その時では遅い」と語った。長崎からは「金正日(総書記)に原爆資料館を見てみろと言いたい」の声が上がった。

 北朝鮮への新決議採択を話し合う国連安全保障理事会が開かれているニューヨークに、この声を伝えたい。

滴一滴 山陽新聞 2009年5月28日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-05-28 23:56 | 滴一滴