髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
新しい季節の風物詩、私らしく、クールビズ・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 衣替えのシーズンだ。学生の制服が夏服に変わることで、季節の移り変わりを実感するが、最近はクールビズが官公庁や企業などに浸透し、新しい季節の風物詩として定着してきた。

 確かに、この時節の軽装は楽だ。ただ、まったく戸惑いがないこともない。背広にネクタイといえば、サラリーマンの定番であり、制服のようなものだ。蒸し暑い日本の夏には不向きとは思うが、ノーネクタイ・ノー上着では、どうも締まりがないような気がする。

 対外的な仕事で、上着などの着用を求められる場合もある。クールビズが許容されるのは、どういう場合か、常に考えておかないと、決まりが悪い場面も出てくる。

 まさにクールビズどころでないのが、就活中の若者たちだろう。昨年までとは一転して、今年の就職戦線は長く厳しいものになっている。「見た目」も重要な要素だけに、リクルートスーツは欠かせない。

 5年目を迎えたクールビズは「MY COOL BIZ~私らしく、クールビズ~」がテーマだ。家庭や職場における衣食住のあらゆる分野で、涼しさにつながる実践を求めている。

 窓にすだれを付けたり、アサガオやゴーヤで緑のカーテンを作る。キュウリやナスなど体を冷やす旬の野菜を食べる。私らしい積み重ねを地球温暖化防止につなげたい。

滴一滴 山陽新聞 2009年6月2日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-06-02 23:56 | 滴一滴