髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
月周回衛星「かぐや」月世界への旅、間もなく終える・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 かぐや姫がとうとう月に帰ることになった。宇宙航空研究開発機構のホームページによると、月周回衛星「かぐや」を11日に月に落下させるという。

 2007年9月に国産のH2Aロケットで鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられ、10月に高度100キロの月周回軌道に入った。14種の観測機器を駆使して月の謎に迫ってきたが、間もなく役割を終える。

 これまで送られてきたハイビジョンによる鮮明な映像は印象的だ。月の地平線から地球が昇るところを連続してとらえた映像では、青い海と白い雲が美しく、まさに宇宙船地球号である。

 雑誌ニュートンの別冊「月世界への旅」は、かぐやの観測成果を紹介している。地下数百メートルにある層状構造の発見や月の裏側の重力異常などを解明し、月の起源や進化を研究するのに大きな成果を挙げたという。

 現在かぐやは通常の運用を終え、高度を10―30キロに下げて観測を続けている。最接近してのクレーターの姿などは航空機から眺めたような迫力がある。こうした映像が送られてくるのもあとわずかだ。

 かぐやの後継機では、20年ごろに無人探査機による月面着陸を目指し、日本得意の二足歩行ロボットの活用も計画に上がっている。膨大な予算が問題だが、国際連携を進め夢のあるものとしたい。

滴一滴 山陽新聞 2009年6月7日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-06-07 23:56 | 滴一滴