髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「ドリーム」いつの時代にもその時代を象徴するスターがいる・・・ 正平調 八葉蓮華
 いつの時代にもその時代を象徴するスターがいる。例えば、戦後の昭和を振り返ったとき、誰もが思い浮かべるのは美空ひばりさんだろう

 12歳でデビューし、アイドルから成熟した女性へと育っていく道のりは、戦後日本の歩みそのものである。昭和が終わった年、美空さんもこの世を去った。時代に愛された人だったと思わずにいられない

 この人も冷戦後、世界の超大国となった米国を象徴するスーパースターだった。昨日訃報(ふほう)が届いた歌手のマイケル・ジャクソンさんである。黒人大統領が誕生し、米国が新たな時代を迎えた年の悲しい出来事として、人々の記憶に刻まれることだろう

 音楽ばかりでなく、そのビデオ映像もテレビを通して世界中に流れ、人々の耳を目をくぎ付けにした。手に入れた莫大(ばくだい)な富でビートルズの版権を買い取ったかと思えばエルビス・プレスリーの娘と恋に落ちる。彼の人生には、アメリカン・ドリームがいっぱい詰まっている

 ネバーランドは永遠に子どものままのピーターパンが住む世界である。ジャクソンさんは広大な敷地に自宅と遊園地をつくり、ネバーランドと名付けた。そして奇行やスキャンダルが取りざたされると、そこに引きこもった

 50歳での急逝に驚く米国民の反応の中に、こんな一言があった。「たぶん苦しい人生だったんだよ」。大輪の花を咲かせ、深い影に沈む。そこにまた、米国の姿が重なって見える。

正平調 神戸新聞 2009年6月27日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-06-27 23:00 | 正平調