髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
早めのチェックを「9月末まで」給付金の支給申請・・・ 日報抄 八葉蓮華
  「そう遠くない」。麻生首相が衆院の解散時期について、こう述べたことで、7月上旬とか、中旬だとか憶測が飛び交っている。国民は「解散風」にもう何回吹かれたことか

 そもそも昨秋、政権を放り出した福田前首相を継いだ時点で、麻生首相は解散・総選挙を目指していたはずだ。それが「百年に一度」の大不況に巻き込まれると、“葵(あおい)の紋所”をかざすかのように、景気回復の借金ロケットを打ち上げ続けた

 この空前の景気対策は後世どう語られるだろう。特に「矜持(きょうじ)」で首相の発言がブレまくった定額給付金はどうか。消費拡大を狙った2兆円はとっくに国民の手に届いているはず

 そう思ったら、さにあらず。新潟市だけでも2万件(世帯)以上にまだ渡っていない。わが家もその口だ。原因はこちらのミスにある。給付申請書の氏名は銀行口座と同じだが、その振り仮名を「ず」と「づ」で間違えていた

 誤字1字くらいで、とも思うけど、事は公金を支払う問題、慎重にならざるを得ないのだろう。似た間違いは意外と多く、確認に手間取っているらしい。いま進行中の「宙に浮いた年金記録5千万件」の照合作業となると、労力は何倍になるだろう。気が遠くなる

 給付金の支給申請をまだしていない人は、新潟市で1万件を超す。申請は9月末まで。それを過ぎると給付金は水の泡になってしまう。「早めのチェックを」と市の担当は呼び掛ける。任期満了が近い衆院解散と、わが家の給付金振り込み。頼りない「そう遠くない」は、どっちが先になることか。

日報抄 新潟日報 2009年6月30日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-06-30 23:56 | 日報抄