髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
地元市民「五輪招致」国内でビジョンを語り理解を広める努力・・・ 凡語 八葉蓮華
 ソ連のタッチネットで金メダルが決まった女子バレーボールの「東洋の魔女」。神永を破った柔道無差別級のヘーシンク。トラックで抜かれ無念の銅メダルになったマラソンの円谷

 1964年の東京オリンピックのドラマを覚えている人が減った、五輪の感動を若い世代にも知ってほしい-。石原慎太郎東京都知事が以前、2016年五輪の東京招致の狙いをこう語っていた

 同感だが、当時と今回の最も大きな違いは国民的な盛り上がりを欠くことだろう。当時、敗戦からの復興を目指して五輪開催は国民の悲願で、政府や経済界、在外邦人も一体となり招致に動いた

 それと比べ今回の関心は低く、IOCが昨年6月に行った世論調査では東京の地元市民の開催支持率が候補4都市の中で最低だった。国民の関心が年金や不況対策などに向いていることや、東京一極集中が進むことに対する危ぐも影響しているのだろう

 開催地が決定する10月のIOC総会に向け海外での招致活動に熱心だが、2008年五輪の招致に失敗した大阪市では根強い市民の反対運動があった。市民らの支持はIOCの大きな判断基準になっているように思う

 スポーツ少年団など日本のスポーツの仕組みは1964年を機に整った。2度目の東京五輪がどんなスポーツの未来を目指すのか、十分伝わってこない。もっと国内でビジョンを語り理解を広める努力が必要だろう。

凡語 京都新聞 2009年7月6日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-07-06 23:56 | 凡語