髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「県立児童会館の閉館」何とか工夫して子どもたちのために・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 七夕の昨日、各地で子どもたちの「星への願い」がササの枝にあふれた。そして、22日には日食が控える。空からの楽しい誘惑が続く。

 岡山市にある県立児童会館は、天文や科学と子どもを結びつける拠点施設の一つ。プラネタリウムや科学展示室、遊園地などからなる。1963年の開設以来長く親しまれてきたが、県の財政難から2010年度で閉館の予定。

 近代的な華やかさにはほど遠いが、なぜか引きつけるものがある。厳しい予算の中で「何とか工夫して子どもたちのために」との思いが随所に感じられるからだ。

 プラネタリウムで上映されるギリシャ神話などのDVDは職員の手づくり。カーブミラーを利用して映像を拡大する工夫もした。畳のコーナーもある。寝転がって親子で映像を見るのも楽しそうだ。

 科学展示室には、寄贈品や閉館した施設から譲り受けた展示物が多い。催しを終えて不要になった資材などを運び込み、遊び道具やウッドデッキをつくる試みも進んでいる。大学や高校の協力を得て、子どもたちの好奇心を刺激する企画にも力を入れる。

 家族や学生とのふれあい、そして職員の情熱から子どもたちが得るものは多かろう。児童会館では「子どもの将来への種まき」という。閉館まで一粒でも多くの種をまいてほしい。

滴一滴 山陽新聞 2009年7月8日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-07-08 23:56 | 滴一滴