髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
白球を追い掛けて「栄冠は君に輝く」流した汗とまみれた泥の分だけ・・・ 日報抄 八葉蓮華
 「雲はわき 光あふれて…」。全国高校野球選手権「夏の甲子園」の大会歌だ。「フーン、フフフフ、フーンフ」。出場校の紹介記事が紙面に載るころになると、あのメロディーがつい頭の中に浮かび、鼻歌になって出てしまう

 鉛色の梅雨空が続く。でもこれを聞くと、真っ青な空、入道雲、まぶしいほどの真夏の風景が、条件反射のようによみがえる。そして、緊張した表情で手を大きく振って行進する、洗いたてのユニホームの選手たちの姿も

 新潟大会が11日、幕を開ける。開会式が行われるのは、その威容を県民に披露したばかりのハードオフ・エコスタジアムだ。ここでも大会歌「栄冠は君に輝く」は流れる。新しいスタンドに響くメロディーを選手たちはどんな思いで聴くだろう

 最後の夏を迎える3年生。小学校から野球を始めていれば、10年近く白球を追い掛けてきたことになる。父母に見守られ、地域の声援を受け、仲間同士励まし合ってきた10年だ。ベンチにいようがスタンドで声をからそうが、熱い思いは同じだ

 大会が始まると若い記者は球場に張り付き、紙面には惜敗の涙や、勝利の歓喜が躍る。ほかにもスポーツはたくさんある。文化系の全国大会だって多い。なのに、なぜ野球ばかりが、とも思う

 でも甲子園は別格だ、と感じてしまうのは、心を高ぶらせるこの曲のせいもあるかもしれない。流した汗とまみれた泥の分だけの栄冠が、一人一人の胸の中にある-。プロ野球の華麗さはなくてもいい。この曲を聴きにスタジアムへ足を運ぶのも悪くない。

日報抄 新潟日報 2009年7月10日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-07-10 23:56 | 日報抄