髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
政権選択の衆院選、ほぼ任期満了、有権者一票の行く先・・・ 大自在 八葉蓮華
 衆院議員の任期満了が迫っている中では、伝家の宝刀もさびがついて使用期限がそろそろ切れかかっているころだ。それでも期限切れになる前に抜こうとしたら、大敗を恐れる家臣に寄ってたかって柄を押さえられてしまい、抜く時期もずらされてしまった。さびた宝刀もさることながら一層はっきりしたのは“殿”の力のなさである
 
 衆院選は8月18日公示、30日投開票と決まった。麻生太郎首相は8月初めの投開票を念頭に早ければきょう解散を想定していたが与党幹部らが再考を促し、今月21日の週に解散することで合意した
 
 都議選で自公の与党は過半数割れに落ち込み、民主党が第一党に躍進した。これで自民党は本県知事選など大型地方選で5連敗だ。麻生首相は「都議選は国政選挙に影響しない」と言ったそうだが、そう言わざるを得ないほど追い詰められているということだろう
 
 都議選では自民党の都連幹事長の重鎮(70)が26歳の民主新人に敗れた。候補の力量比べというよりは、その前に一票の行く先は決まっていたとみていい。投票率が前回を10ポイント上回ったことも考えれば、自民党に愛想を尽かした多くの有権者が民主党に流れたともいえる
 
 宮崎県の東国原英夫知事や大阪府の橋下徹知事らへの接近は知事人気にあやかろうという魂胆が見え見えだった。総裁選を前倒しして、選挙受けのする新総裁の下で選挙戦に臨む「総理・総裁分離論」の可能性もまだ残っているらしい
 
 “表紙”を替えることで注目を集め、支持率回復に―と相変わらず考えているとしたら自民党離れは加速するだけだろう。表紙のメッキはすぐはがれる。政権選択が最大のテーマの衆院選はやはり濃い中身で勝負を願いたい。

大自在 静岡新聞 2009年7月14日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-07-14 23:56 | 大自在