髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
総選挙に向けたマニフェスト「嘘ついたら針千本のます!」・・・ 日報抄 八葉蓮華
 嘘(うそ)は泥棒の始まりとか、閻魔(えんま)さまに舌を抜かれるとか…。子どものころ、嘘の罪悪を親がいくら諭しても怖くはなかった。現実味がなかったからだ

 でも、「嘘ついたら針千本のます!」。こう言って指切りげんまんをする時は真剣だった。幼心にも、秘密を漏らし、遊びの約束を破れば、仲間に顔向けできないと感じていたのだろう。針千本をのむ勇気もなく、嘘はつけなかった

 総選挙に向けたマニフェスト(政権公約)がそろいつつある。「ばらまきだ」「財源は」と各党で舌戦も始まった。マニフェストを示す党首に、針千本をのむ覚悟があるのか気に掛かる。10年ほど前まで、日本のマニフェストといえば、産業廃棄物の管理票のことだった

 それが2003年の統一地方選を前に、三重県知事らがマニフェストを提唱し流行語になる。いまや“七つ道具”をしのぐ選挙の必需品となった。前回の総選挙では、マニフェストの多くが、小泉旋風にかき消され、「郵政民営化」に単純化されてしまった

 多くは民営化の公約を支持し、自民党は圧勝する。なのにいま、その民営化も揺らいでいる。もし、マニフェストが有権者と政治家の民事契約ならば、政党や首長はどれだけ多くの違約金を払わなければならないだろう

 「なんで人物(政党)ではなくてマニフェストに投票するやり方をしないのですか?」。インターネットの質問サイトにこんな問いがあり、「これは政治家不要論か」とうなってしまった。立候補予定者は針千本を想像しつつ、質問の答えを考えてほしい。

日報抄 新潟日報 2009年7月30日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-07-30 23:56 | 日報抄