髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
工場群を眺める「船旅」普段見られない光景が魅力・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 予約は3カ月先までいっぱい。週末の夜に出航する、意外な船旅が東京湾で人気だ。1時間半ほどかけて海沿いの工場の夜景を眺めるという、これまでにない趣向である。

 この旅を体験した。横浜市の観光スポット・赤レンガ倉庫の桟橋から出航し、京浜工業地帯の中の運河を進む。両側に重化学工業などの工場が連なる。

 巨大プラントの照明が輝き、海面に映える。ライトアップされたタンクや倉庫は闇に浮かぶ。10キロほど航行した川崎市沖では、羽田空港発着の航空機の明かりが彩りを添えた。

 もともと旅客船は通らない航路だ。昨年6月の運航開始の際には、乗客が集まるのか疑問視もされた。だが、陸上では近づきにくい大規模工場も、海からは間近だ。普段見られない光景が魅力で、予想以上の人気となった。

 まさに隠れた地域資源の掘り起こしといえる。川崎市なども同様の船旅を企画し、ちょっとしたブームの様相だ。この成功で思い浮かぶのが、倉敷市の水島工業地帯である。巨大工場群の幾何学的デザインには、ある種の美しさがある。

 実際、地元の玉島商工会議所などが水島の工場群を眺める船旅を今秋に計画している。とりあえず夜景ではなく昼間の運航で、観光庁の支援事業にも採択された。地域にはまだまだ多くの宝が眠っている。

滴一滴 山陽新聞 2009年8月2日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-08-02 23:56 | 滴一滴