髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
本格的な流行は秋以降と甘く見ていたら、ウイルスはもう身近に迫っている・・・ 日報抄 八葉蓮華
 お盆に夏の甲子園初勝利を挙げたら、一気に3回戦も圧倒、日本文理高が8強を決めた。学校創立の1984年の夏は、新潟南高の8強に沸いた。25年ぶりの快挙である。3年前のセンバツでも準々決勝に進んだ。春夏通算8回の出場でどちらも8強。強豪校に仲間入りしたといっていい

 20安打で12得点、「強打の文理」の面目躍如だ。「これが新潟大会(準決勝まで)ならコールド勝ち。4強もいける」。浅はかにもぐんぐん鼻が高くなる。これも「野球後進県」といわれ続けたせいだろう。他県出身の皆さま、お許し願いたい

 「コールド・ゲーム」を辞書で引いてみる。「野球で、降雨・日没、その他得点がかけ離れているなどの事情により、審判員が試合終了を宣告する試合」(広辞苑)とある

 突然の雷雨や点差がつき過ぎると、試合の熱気も冷めてしまう。だから英語で「寒い」を意味する「cold」。そう思っていたら間違いだ。審判員の宣告などを指す「called」が正しい

 どちらも同じに聞こえるが、「寒い」の「コールド」は「風邪」も意味する。要警戒のコールドである新型インフルエンザで沖縄、神戸、名古屋で3人の犠牲者が出た。本格的な流行は秋以降と甘く見ていたら、ウイルスはもう身近に迫っている

 日本文理高の次に登場した島根代表の立正大淞南高は、「新型」感染の選手を欠きながら逆転勝ちした。文理ナインだけでなく、応援団も含めて体調管理に十分気を付けてほしい。インフルエンザに「コールド・ゲーム」はないのだ。

日報抄 新潟日報 2009年8月20日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-08-20 23:56 | 日報抄