髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
世界の大舞台「世界最速」あなたの人生の残り時間は・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 最終日に見せ場は待っていた。ベルリンで行われた陸上の世界選手権。女子マラソンで銀、男子やり投げで銅と、日本勢はメダルを2個獲得した。やり投げでのメダルは五輪、世界選手権を通して初というから、最後の最後に花を咲かせた

 大会を振り返るとハイライトはジャマイカのボルト選手の活躍だろう。100メートルと200メートルを世界新で制し、昨年の北京五輪に続いて「世界最速」を見せつけた

 レースを100分の1秒単位で争うようになったのは電気計時が誕生してからだ。最初に本格的に導入されたのは1964年の東京五輪だった。日本の大手時計メーカーが開発したスタートからゴールまで全自動で計測するシステムが、手動計時と併用された

 その後、システムが進化し、国際陸連が電気計時を公式計時として採用する。その歴史は「あなたの人生の残り時間は?」(織田一朗著、草思社)に詳しい

 技術の進歩が、新しい記録の領域を生み出しているといえよう。ちなみにボルト選手の2種目の新記録は、更新幅がともに0秒11である。偶然の一致とはいえ、100分の1秒単位で同じとは驚きだ

 忘れてならないのが、地元天満屋の中村友梨香選手だ。1万メートルで7位入賞を果たすなど大舞台での頑張りは、次へのステップになるだろう。

滴一滴 山陽新聞 2009年8月25日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-08-25 23:59 | 滴一滴