髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
再浮上への努力が続く「関西国際空港」本当に海の上にあるね・・・ 凡語 八葉蓮華
 「本当に海の上にあるね」「これが世界一、着陸料が高い空港か」-持参した写真にニュージーランド外務貿易省の職員たちは興味津々の様子だった。関西国際空港が開港した15年前のことだ

 関空にニュージーランド航空が初就航したのを機に、同国政府の招きで各地を訪れたことがある。どこも期待の声であふれていた。同国北部のオークランドでは、「約11時間で関空に届きます」と水産業者が元気な伊勢エビを箱詰めにしていた

 日本では春に咲く花が秋に咲く。正月用に輸出する生花業者の表情も明るかった。日本語を学ぶ人や日本からの語学留学生が多いことにも驚いた。バブル景気の余韻が残り、日本が輝いて見えた

 ニュージーランドに限らない。当時、多くの国が関空開港を観光やビジネスチャンスと見て、次々と航空機を乗り入れた。関空が西日本のハブ(拠点)空港になる日は近い、との期待を抱かせた

 しかしその後、国内景気の低迷や近隣諸国の空港整備などで関空は伸び悩む。高すぎる着陸料に加え、大阪空港の存続も響いた。官僚出身のトップが毎回、希望的な予測を出しては実績が伴わず交代する繰り返しだった

 15年を経た今、民間出身社長の下で再浮上への努力が続く。来月からは着陸料を大幅ダウンする施策も始まる。自助努力に期待したい。同時に、民主党政権が関西3空港を一体として整備する戦略も必要だろう。

凡語 京都新聞 2009年9月6日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-09-06 23:59 | 凡語