髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
地球環境に優しい政権ならば、「25%削減」弱者にも優しくあってほしい・・・ 日報抄 八葉蓮華
 「非常に勇気づけられる」と欧州連合の担当者が歓迎すれば、「他国にも野心的な目標を迫ることになる」と米国紙も評価する。日本の政治家の一言に、国際社会がこれほど好意的に反応するのも珍しい

 民主党の鳩山代表が、温室効果ガス排出量を2020年までに、1990年比で25%減らすと表明した。政府はこの6月に同じ90年比で8%削減を公表したばかり。その時、麻生首相は「極めて野心的」と自賛した。だが世界の環境保護団体などから痛烈に批判され、日本はまたも「化石賞」を頂いた

 今回の鳩山発言は総選挙のマニフェストを繰り返したにすぎない。当然のことといえる。なのに、こんなに注目されるのは、日本の「言行不一致」がいかに多かったかの裏返しなのか。「民社国3党」が連立政権樹立をやっと決めた。合意内容は第2のマニフェスト。有言実行を当たり前にしてほしい

 「25%削減」表明に合わせ、鳩山代表にお願いがある。自サツ防止目標を「上方修正」してほしいのだ。政府は2年前、自サツシ亡率を2016年までに05年比で20%以上減らす目標を決めている

 12年連続の自サツ者3万人突破が、今年も確実視される。毎日、全国で約90人、本県ではほぼ2人が自ら命を絶っている勘定だ。自サツ者が初めて3万人を超えた1998年、「日本列島総不況」が流行語となり、職場は正社員から非正規社員への置き換えに拍車が掛かった

 この年、民主党は発足した。地球環境に優しい党ならば、弱者にも優しくあってほしい。きょうは世界自サツ予防デー。

日報抄 新潟日報 2009年9月10日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-09-10 23:59 | 日報抄