髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
政権交代カルチャー「捨て石」なくなると分かると、惜しくなるのが世の常・・・ 凡語 八葉蓮華
 京友禅の職人さんらが24年間にわたって開いてきた落語会「染屋町寄席」が先週、300回を機に幕を閉じた。これが見納めと訪れたファンで大入り満員。初回から出演する桂都丸さんが「やめるというたら大勢来ていただきまして」と笑わせた

 なくなると分かると、惜しくなるのが世の常。新たに迎える日々には不安が募る。マリッジブルーなんかはそのたぐい。きょうの政権交代でも同じような思いがしそうだ

 自民党が野に下る。55年体制のもとで叫ばれた所得倍増、列島改造…。懐かしいキャッチフレーズにまつわる記憶が、まるで映画「三丁目の夕日」のようによみがえる

 取って代わる民主党は政治主導、無駄遣い・天下り根絶と威勢がよい。半面、補正予算や公共事業をやめて景気は大丈夫? 配偶者控除を廃止しないで、どうなるおれのETC-と心配事もある

 でもこれからは、鳩山由紀夫新首相の政権運営になじむしかない。霞が関の人たちはもう対応している。「捨て石」覚悟で自民総裁選に臨む谷垣禎一元財務相も「政権交代カルチャーが必要だ」というではないか

 都丸さんが最後に演じたのは、くしくも「らくだ」。熊五郎に葬式の指図をされていた「紙屑(かみくず)屋」が酒に酔った勢いで主導権を奪う。あてを取るのに初めははしを使っていたが、最後は手づかみ。こんな横着は落語だけにしてほしい。初心忘れず、剛腕は控えめに。

凡語 京都新聞 2009年9月16日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-09-16 23:56 | 凡語