髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「政権交代」民意の主導する政治へ、国のかたちのつくり替えが続く・・・ 大自在 八葉蓮華
 1年を振り返るにはちょっと早いが、年末恒例、過ぎ去った1年を漢字1字で言い表す「今年の漢字」の発表も、墨痕[ぼっこん]鮮やか、京都・清水寺貫主による揮毫[きごう]も、例年通り行われる。日本漢字能力検定協会の発表を聞いてほっとしたファンも多いに違いない

 親族企業との取引で漢検協会に損害を与えたとして背任罪に問われている前理事長父子に胸の内を映す漢字を聞けば、父一代で営々として築いてきた信頼を一瞬にして失い、無念のこみ上げてくる「悔」と答えるかも知れない

 そんな想像をしていたら両被告は法廷で強気な気配で創立者としての「誇」をにじませた。正副理事長を辞職してから5カ月、きのう、京都地裁で開かれた初公判。大筋で起訴内容を認めていた供述から一転、親族企業との一部取引について「損害を与える目的はなかった」ときっぱり無罪を主張した

 「漢検」のブランドで最盛期、受検者を290万人にまで伸ばした。しかし、公益法人の看板を掲げながら、一時、京都市内に使途のはっきりしない豪邸や供養塔を保有。公私が入り交じってはっきりしない「混」のレッテルをはがせるだろうか

 さてファンはこの暮れ、どの漢字に投票する?早すぎる野暮を承知で予測すれば、注目の政治イベント、衆院総選挙の大舞台で堂々の主役を演じた民主党の「民」を本命として挙げたい。戦後初の本格的な政権交代を成し遂げてしまった

 でも政治の振り子を突き動かした本当の主役は政党というより民意の「民」だろう。新政権も始動し、官庁と官僚の跋扈[ばっこ]する政治から民意の主導する政治へ、国のかたちのつくり替えが続く。霞が関に「民」の大文字を書けるだろうか。

大自在 静岡新聞 2009年9月19日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-09-19 23:56 | 大自在