髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
もう後がない「25%削減」私たち一人一人も負担を覚悟・・・ 大自在 八葉蓮華
 秋の大型連休も終わって、「ヤレヤレ」とひと息ついているのは行楽施設だろう。ご存じETCの高速道路料金1000円が効いて、全国で渋滞情報が絶えなかった。ならば近回りでと県内の動物園や水族館などもにぎわったのではないか

 お疲れ気味は、たぶんサービスに余念のなかった園内の動物たちだろう。臨時バスの発着所もできた静岡市の日本平動物園では、人気者ホッキョクグマのロッシー君は期間中、大勢の家族連れに囲まれた。動物園によれば、閉園間際になってもロッシー目当ての子どもたちでいっぱいだった

 地球温暖化で、そのホッキョクグマに絶滅の危機が迫る。餌[えさ]となるアザラシなどをとるために欠かせない北極圏の海氷が減少、飢餓状態のクマが増え、繁殖率の低下も報告されている。そこで、米政府はホッキョクグマの国際的な商取引を禁止する提案を検討し始めた

 気になるのは、ホッキョクグマの毛皮やはく製の最大の輸入国は日本だということである。保護団体によれば、2年前には413枚の毛皮を日本が輸入したという記録が残っている。人気が高いのだそうだ

 以前某事務所の入り口に飾られたホッキョクグマの頭部と毛皮を見たことがある。異郷の地にさらされたクマの猛々しい表情の奥に深い悲しみを感じ取ったことを今も忘れない

 国連気候変動サミットで温室効果ガス排出の25%削減を明言した鳩山由紀夫首相の演説は各国から歓迎された。日本の首相としては例のない注目度だという。温暖化対策にはもう後がない。企業だけでなく、私たち一人一人も負担を覚悟しなくてはなるまい。ホッキョクグマを救うことは、ひいては人類を救うことになる。

大自在 静岡新聞 2009年9月24日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-09-24 23:55 | 大自在