髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「トキはなて 君の力を 大空へ」いつの日か、子孫が、全国の空を群れ飛ぶ・・・ 日報抄 八葉蓮華
 県勢優勝の歓声や惜敗の涙…。全県から、トキめき国体の鼓動が伝わってくる。全国の精鋭が技と力を競っている。選手も県民も、体調管理に気を付け、秋の祭典を存分に楽しもう


 「トキはなて 君の力を 大空へ」。大会のスローガンだ。きのう佐渡市でトキが放鳥された。昨秋の2倍、20羽が秋空へ飛び立つことになる。ケージが開かれても、1羽ごとに飛び立つ間合いが違うのも興味深い

 最初の放鳥は箱から押し出される格好だった。大勢に見守られて面食らったのか、トキは散り散りになってしまった。雌3羽は本州へ、雄4羽は島に残っていることが確認されている。離れ離れでは、“婚活”もままならず、2世誕生はなかった

 雄と雌が海峡を挟んで繁殖期を迎えるなんて、誰が予想できただろう。思う通りにいかない。これが野生でもある。面白いのは、国体マスコット「トッキッキ」だ。トキのペアをあしらい、4年前に県民の投票で決めた

 雄の「とっぴー」は「運動神経抜群」。雌の「きっぴー」は「いろんな場所に出掛け、友達をいっぱいつくる」などと個性も与えられた。本当に島を出て、隣県を飛び回る雌の姿を予言したかのようだ

 国体中のトキ放鳥は最高の協賛行事だ。米国のキング牧師をまねて、「私には夢がある」とも言いたくなる。いつの日か、島で放たれた子孫が、全国の空を群れ飛ぶ光景を思う。「ほら、あのトキは父さん、母さんが新潟のトキめき国体に行った時、放たれた鳥の子どもなんだよ」。そんな大きな夢を見させてほしい。

日報抄 新潟日報 2009年9月30日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-09-30 23:56 | 日報抄