髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
無形遺産に登録「品格ある自己防衛手段」受け継ぐ、守るしんどさは変わらない・・・ 凡語 八葉蓮華
 ドイツ東部の美しい古都ドレスデンの景観が今年6月、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産登録を取り消された。エルベ川に橋を建設し景観を損なったのが理由だ

 第2次大戦の空爆で壊滅状態となったのを、市民が瓦礫(がれき)を一つ一つ拾って往時の街を再建したのを聞いていただけに驚いた。交通渋滞解消か美しい景観か、市民は悩んだあげくに、住民投票で生活の利便を選んだそうだ

 都市化や開発、治安悪化、民族紛争、戦争、自然災害…。登録によって保護すべき世界遺産だが、実際はさまざまな危機にさらされており、30件以上が危機リストにある。あのガラパゴス諸島も観光客が押しかけて、環境が悪化しているという

 京の夏を彩る祇園祭の山鉾巡行がユネスコの無形遺産に登録された。日本が3番目に締約した条約に、無形遺産とは、文化の多様性や人類の創造性への「尊重を助長するもの」とある。世界に認められ、誇らしく感じる

 千年余の歴史の中で応仁の乱や先の大戦で中断したが、祭りを守り、受け継いだのは時の権力者ではなく町衆だった。祇園祭山鉾連合会の深見茂理事長は登録を、将来の危機に向けた「品格ある自己防衛手段」だと言う

 祇園祭が世界遺産になっても守るしんどさは変わらない。ドレスデン市民の悩みを京都市民は分かるような気がする。悩みつつ、町衆だけでなく市民の文化力を、世界に見せたい。

凡語 京都新聞 2009年10月6日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-10-06 23:56 | 凡語