髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
日常にはグルメ情報があふれる「ミシュランガイド」権威ある評価もネットで覆る・・・ 凡語 八葉蓮華
 十数年前、同僚と盛り上がった。京都に住めど、行ったことがない高級店に勇気とお金を出して挑もう。題名は「くぐれ、のれん」「またげ敷居」がいい

 実現はしなかったが、「ミシュランガイド京都・大阪版」の発表にそんな昔話を思い出した。楽しみにしていた身には、有名店が並ぶリストに、座りの良さと同時に新しい発見が少なく肩すかし感もある

 ミシュランガイドは仏のタイヤメーカーが旅行ガイドとして配ったのが始まりだ。レストラン版は1926年から。星の増減が料理人の運命まで左右した本の最大の特徴は、覆面調査だ

 「黒船来襲」と言われた前評判ほど世間が驚かなかったのは、覆面調査が今や当たり前になったためだろう。日常にはグルメ情報があふれる。特にインターネットの口コミ。店名を打ち込めば評価や感想が瞬時に現れる

 「粉もんがないのは残念」と言った大阪人の感想が表すように、高級店だけでなく、豊富なB級グルメに出合うことも、食の楽しみや満足度の大切な要素だという考えも広まった。素人の調査員は多数で、身銭を切った報告でもある

 情報収集した観光客が路地裏の店で舌鼓を打つ時代。看板へのあこがれは、不祥事もあり随分弱まった。権威ある評価もネットで覆る。ミシュラン発表の記者会見ではおごらず、責任…と戒めの言葉が並んだ。最も冷静なのは、選ばれた料理人自身なのだろう。

凡語 京都新聞 2009年10月15日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-10-17 23:56 | 凡語