髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
小沢学校「立派な国会議員として成長を」むちを振り振りチイパッパ・・・ 大自在 八葉蓮華
 童謡の“学校”には、めだかとすずめの二つの、よく知られた学校がある。めだかの学校は「だ~れが生徒か先生か」と、明るく楽しそうだし、すずめの学校の先生は「むちを振り振りチイパッパ」と、指導に熱心である

 鳩山政権が誕生して、国会にも“小沢学校”が出現した、と本紙にあった。衆院選で初当選した民主党の新人議員に対する研修を本格化させたという。小沢一郎幹事長、いや小沢校長の下で、20人の国対副委員長が先生役となり、国会議員としての心得を教えるのだそうだ。欠席厳禁のお達しも出た

 政府の行政刷新会議で、鳴り物入りの「事業仕分け」を行うに当たって担当するワーキンググループに、相応の経歴の新人議員を起用したが、人選をやり直すことになった。分厚い予算書を見て判断するのはベテランでも難しいとして事業仕分けより研修を優先するのだという

 この話、どう考えてもおかしい。民主党は研修を積まなければ一人前の国会議員になれないような未熟な新人候補を公認したことにならないか。そうした人を選んだ有権者の目は節穴だったということになってしまう

 国会議員が即戦力というのは、そもそも前提条件だろう。有権者には新人かどうかは関係ない。国政に必要な人材とみて一票を投じたのである。新人だからといって事業仕分けの担当を外すのは、国会に送り込んだ有権者を無視することと変わらない

 教頭格の山岡賢次国対委員長は「立派な国会議員として成長を」と議員の心得を説いたという。中には研修が必要な急造議員もいるだろうが、140人を超える議員が「お口をそろえてチイパッパ」では、この先の国政が心配になる。

大自在 静岡新聞 2009年10月30日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-10-30 23:56 | 大自在