髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
セーフティーネットの役割「一億総中流」などという幻想は完全に過去のもの・・・ 日報抄 八葉蓮華
 熊さん八つぁんが暮らした長屋は、こんな感じだったのか。江戸川柳には人情句も多い。「椀(わん)と箸(はし)持って来やれと壁をぶち」。少しばかりの酒と魚が手に入った。おーい、こっちで飲まねえか。隣家とは、たたけば響く間柄だ

 「ほころびと子をとりかへる独り者」。近所の奥さんは、擦り切れた着物姿の若い衆が気になって仕方ない。擦れ違いざまに「ちょっとこの子の面倒見てて」。急ぎ足で長屋に帰り、ほつれた着物を縫い直してあげるのだ

 「江戸時代では知らず知らずのうちに、声かけ運動が行われていた。それがセーフティーネットの役割」。江戸史研究の小林弘忠さんは先の川柳とともに、貧しいから不幸とは限らないと説く

 「15・7%」。政府が初めて日本の相対的ヒンコン率を公表した。簡単に言えば、所得が真ん中(中央値)の人の半分未満のお金で生活する低所得者の割合だ。過去10年で最悪という。2007年の中央値は228万円だから、114万円未満で暮らす人が7人に1人はいる

 「一億総中流」などという幻想は完全に過去のものだ。自サツ者は11年連続で3万人を超す。失業率が上がると、生活苦から自サツ率も上がる。普通に考えれば、失業による今年の犠牲者はさらに増えそうだ

 でも、雇用支援を充実させたフィンランドとスウェーデンでは、失業率が上昇したのに、自サツ率は下がったという話題を、27日の朝日新聞が紹介していた。古川柳にある“長屋の支え合い”を、現代にどうよみがえらせるのか。お金に頼らない現代の人情話を聞きたいものだ。

凡語 京都新聞 2009年10月31日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-10-31 23:56 | 日報抄