髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
子どもたちのパワーはすごい「ワトト村」アフリカンビートが響きわたる・・・ 凡語 八葉蓮華
 アフリカンビートが響きわたる会場で、カラフルな衣装の子どもたちの歌と踊りがはじけた。一昨日、近江八幡市の近江兄弟社学園ホールでユニークな公演が行われた

 一行は、ウガンダの首都カンパラの郊外にある「ワトト村」から訪れた8歳から14歳までの子どもたち18人と、スタッフの大人たち。非政府組織「日本国際飢餓対策機構」などの協力で、3週間にわたり国内12会場で、公演や交流を重ねている

 実は子どもたちは全員、親をエイズや内戦などで失っている。孤児たちを救おうと現地のキリスト教会が約20年前に始めた村づくりが広がった。活動は各国で共感や支援を呼び、今では1900人もの子どもや若者が暮らすまでになったという

 ワトトでは、親代わりの大人が子どもたちを育て、学校に通わせる。将来はウガンダに限らず、アフリカ全体の指導者に育ってほしいと、掲げる理想も高い。海外公演は子どもたちの姿に接してほしいと毎年行われ、来演要請が絶えないそうだ

 公演の中で、何人かの子どもが親を亡くした理由を語った。捨てられた子もいた。でもワトトで新しい人生が与えられた喜びを語った。歌い踊る子どもたちの笑顔と身体能力は驚くばかりだった

 公演を見て、当方の途上国支援のイメージが吹き飛ばされた。観客席のこちらが元気になる。アフリカの子どもたちのパワーはすごい、と感心するばかりだった。

凡語 京都新聞 2009年11月12日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-11-12 23:56 | 凡語