髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
日中友好の架け橋、中国にとどまり、100歳の今日も現役で治療に当たっている・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 日中戦争で従軍、戦後も中国にとどまり、100歳の今日も現役で治療に当たっている医師がいる。真庭市出身の山崎宏さん。長寿を祝し、日本の総理大臣表彰を受けたことを、14日付の本紙が報じた

 山崎さんが住む山東省済南市を5年前に訪れたことがある。山東省といえば、青島ビールで知られる青島市がおなじみだが、済南市は省都として政治、経済の中枢を担う大都市だった

 歴史を振り返ると、日本の山東出兵を思い浮かべる人も少なくないだろう。1928年の2次出兵では、済南市で日本軍と中国軍が衝突し、大勢の中国人が亡くなったとされる。市内に石碑があり、悲惨な歴史として語り継がれていた

 先の記事で、山崎さんは「ずっと贖罪(しょくざい)の気持ちを持ち続けてきました」と述べていた。日本と中国の戦争の記憶をとどめる町である。山崎さんのたどった道にも、さまざまな苦難があったに違いない

 真庭市の落合総合公園の展望台に儒家の祖・孔子の石像がある。山崎さんが古里へと寄贈し、12年前に地元の人たちの協力も得て建立された

 台座を入れれば3メートルを超える立派な像だ。その前では孔子の生まれた曲阜から取り寄せた楷(かい)の木が少しずつ大きくなっている。日中友好の架け橋となってきた山崎さんの熱い思いが伝わってくる。

滴一滴 山陽新聞 2009年11月19日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-11-19 23:56 | 滴一滴