髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
無関心だった人たちを引きつける「毎日が記念日」いろいろとご利益がある・・・ 大自在 八葉蓮華
 国や自治体、業界団体をはじめ、どこも「記念日」をつくるのが好きらしい。調べたわけではないが、多分1年365日、何らかの記念日になっているのではないか。毎日が記念日、である。最近では、家族でも自分たちの“記念日”を設けて楽しむ傾向があるようだ

 記念日には、先人などの功績を広く周知することや、観光振興、地域振興などさまざまな目的がある。○○記念日を設けると、ふだんそのことに無関心だった人たちを引きつける格好の宣伝材料になる。主催団体も記念日に向けた事業を行う理由ができる。記念日には、いろいろとご利益があるのだろう

 静岡県が開会中の県議会に提出したのは、2月23日を「富士山の日」とする条例案である。川勝平太知事の発案だそうだ。223の語呂合わせの記念日だが、2月は富士山が最も美しい姿を見せる季節だといい、富士山を後世に引き継ぐことを期する日にふさわしいということだろう

 富士山の世界文化遺産登録を目指す県は既に山梨県と合同で富士山憲章を制定し、富士の豊かな恵みに感謝し、美しい自然を守る取り組みに力を入れている。誰もが知る富士にあらためて記念日が必要か、という思いはある。7月1日の山開きは、事実上の記念日ではないかとの声もあろう

 作家深田久弥は「富士山ほど一国を代表し、国民の精神的資産となった山はほかにないだろう」(日本の名山・富士山 博品社)と書いた。われわれ日本人はどれほど豊かな情操を富士によって養われてきたことであろう、とも指摘した

 全国には○○富士も多い。これほど愛されている富士山は1年に一度の記念日より「毎日が記念日」の方がふさわしいのでは。

大自在 静岡新聞 2009年12月16日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-12-16 23:56 | 大自在