髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「学校朝食」ガス欠状態解消の決め手は生活を正すこと・・・ 大自在 八葉蓮華
 「朝飯前」とは、朝食を食べる前にできる簡単なことをいう。裏を返せば、朝ご飯をとらなければ、重要なことには取り組めないということだ。それだけ、朝食は大切なんだ―と、中学時代の恩師によく聞かされたものだった

 牧之原市と相良高校は手軽な朝食レシピを共同制作し、卒業間近の3年生に配布する。同市の市民健康調査で20代の3人に1人が朝食を抜いていることが分かり、食育に関する母親のグループインタビューでは一人暮らしになった時のわが子の食生活を案ずる声が出たことなどが、レシピづくりにつながった

 親元を離れ、一人暮らしを始めると朝食の欠食率がぐんと高くなることは、国の調査などでも明らかになっている。レシピはどれも手軽に料理ができる内容で、朝食の習慣化にポイントを置いている。背伸びしないで、まず始めてみようと

 朝、起きた時の脳はガス欠状態にあるといわれる。眠っていてもエネルギーは消費されるからだ。集中力に欠けたり、学習効率が上がらなかったり、キレやすかったり。朝食を抜く子供たちの陥りやすい症状とされるが、ガス欠状態と聞けばうなずける

 ガス欠状態の解消策。それは朝食をとり、エネルギーを脳に補給することだ。非行や学力低下を解消するための米国の取り組みで、よく知られているのが学校で朝食を用意する「学校朝食」である。学校朝食で脳は滑らかに回転するのだろう。成果は上がっているという

 就寝時間が遅くなり、生活リズムが崩れて朝ご飯が食べられない。そんな傾向が顕著だったことを、牧之原市の健康調査は指摘している。ガス欠状態解消の決め手は生活を正すことにあり―ということか。

大自在 静岡新聞 2010年1月6日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-01-06 23:56 | 大自在