髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「雪道とたら汁は後がいい」観光地の魅力をどう発信していくのか・・・ 日報抄 八葉蓮華
 たら汁がうまい季節になった。糸魚川市から富山県にかけて、国道沿いに「たら汁」を提供する店が目に留まる。窓の外は吹雪。曇ったガラス越しに荒れる日本海を思いながら、熱々のスケトウダラをフーフーいいながら食べる。雪国に生まれて良かったと思う瞬間だ

 たら汁といえば青森の「じゃっぱ汁」が知られる。以前から食べ比べてみたいとの思いを募らせていたが、先日実行に移した。寒気団が接近し津軽海峡は大荒れだった。かつては青函連絡船を待つ客で終日にぎわったに違いない青森駅近くの食堂で味わった

 厳冬の陸奥湾でもまれたマダラの身が、ぷりぷり。大根やネギの甘みと混然一体となって胃袋に落ちていく。新潟と青森のたら汁。甲乙は付け難いが、青森を再訪したくなる逸品だった

 その青森にことし12月、東北新幹線が延びる。地元はさぞ盛り上がっているかと思えば、駅前でリンゴを売る店主は「新幹線が来るのは新青森駅。この青森駅まで観光客が来てくれるかどうか」と浮かぬ顔だ。両駅は4キロほど離れている。函館まで新幹線がつながれば青森は通過点になってしまうという危機感もある

 北陸新幹線の金沢延伸まであと5年。横綱級の観光地に負けず、上越地域3市がその魅力をどう発信していくのか。こちらも待ったなしだ

 「雪道とたら汁は後がいい」といわれる。踏み固められた雪道は歩きやすく、たら汁は煮込むほどうまい。そんな意味合いだが、新幹線開業に伴うさまざまな問題への対策は「後がいい」というわけにはいかない。

日報抄 新潟日報 2010年1月12日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-01-12 23:56 | 日報抄