髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
日本人の力士同士の対戦としては久しぶりに観客が沸く・・・ 凡語 八葉蓮華
 筋書きのないドラマは、大相撲にも当てはまるようだ。それにしても初場所3日目、大関魁皇と関脇千代大海の取組は「明暗」を分けたといった言葉では言い表せそうにない

 少年のころは気が弱く、優しくて力持ちの魁皇関。けんかが強く暴走族を率いたこともある千代大海関。好対照にみえるが、大関として長年にわたって支え合い、土俵を盛り上げてきた仲だ

 その2人による54回目の対戦は、片や幕内通算で歴代最多の勝ち星がかかれば、こなた大関返り咲きに望みをつなげることができるかどうかの大一番。日本人の力士同士の対戦としては久しぶりに観客が沸くのも当然だった

 結果は、豪快な送り投げで魁皇関が快勝。元横綱千代の富士(現九重親方)の記録を抜く808勝目をあげた。千代大海関は一夜明けたきのう、負け相撲を映すテレビのVTRを何度も見て、引退を決意したという

 期待されながら共に、けがなどで横綱には手が届かなかっただけに通じることが多かったのか。思い切って取るのが一番と言いつつも、裏返しになった相手が立ち上がるのを待ち、腰にそっと手を回す気遣いをみせた魁皇関

 自分へのコメントを控えた配慮にも感謝し、引退は「ここしかない。(最後が)魁皇関で良かったかな」と千代大海関。思いは胸にしまい込み、記録更新と親方の別々の人生が始まる。ふがいない大関陣の見方を変えるとしよう。

凡語 京都新聞 2010年1月13日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-01-14 23:56 | 凡語