髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
私心なかりしか「敬天愛人」誠を尽くし努力を続ける以外に王道はない・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 カリスマ起業家の異名を取る京セラ名誉会長の稲盛和夫さんが尊敬するのは、同郷の偉人西郷隆盛だ。自己の欲望を抑え、他を利する「敬天愛人」という西郷の言葉を、京セラは社是にしている

 「総じて人は己れに克つを以て成り、自ら愛するを以て敗るるぞ」。これも西郷の遺訓。成功に驕(おご)らず、謙虚に、自分を律する強い克己心を持ち続けられることが人間の本当の偉さ、と説く(「人生の王道 西郷南洲の教えに学ぶ」)

 組織を小集団に分けて任せる独特の経営手法で京セラを大企業に育て上げ、第二電電(現KDDI)の設立で通信分野にも挑んだ稲盛さん。その経営手腕を買われ、法的整理で再建を目指す日本航空の最高経営責任者に就任する

 高コスト体質から抜け出せず経営に行き詰まった日航はきのう、会社更生法の適用を申請し、国の管理下での再建が始まった。新たなかじ取り役を担う稲盛さんへの期待が高まる

 一方で社員たちには厳しいリストラの嵐が待ち構える。さぞ不安も大きかろう。安全第一で再生を図ることができるのか

 稲盛さんは「動機善なりや、私心なかりしか」を常に問い、誠を尽くし努力を続ける以外に王道はないとも主張する。そのカリスマ性が、社員の意識改革と強い信念による士気向上を促すことを願いたい。

滴一滴 山陽新聞 2010年1月20日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-01-20 23:56 | 滴一滴