髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
日々のなりわいに深くかかわる営み、国民の素朴な問いかけ・・・ 正平調 八葉蓮華
 アク人でも念仏を唱えれば救われるのか。生きるということはアク行の裏返しなのか。作家の五木寛之さんは本紙連載で話題を呼んだ「親鸞」で、登場人物に何度も問いを語らせ、思想の核心に迫る

 自力と他力についても、さまざまな会話が繰り広げられる。自力の念仏があり他力の念仏がある。解釈の論争ではなく、日々のなりわいの中から発せられる素朴な問いかけと答えが、いくつも用意されている。その素朴さが、読む者の心にすっと染みる

 意味合いは全く異なるが、五木さんの本を閉じて耳をすますと、声高の「自力」の主張が聞こえてくる。民主党の小沢一郎幹事長の声である。土地取引疑惑の資金について、自分で長年積み立ててきた個人資金だと主張する

 一方の検察は、そこに裏献金が含まれているのではないかとみて捜査を進める。関係先は幹事長の地元東北に限らず、各地に広がる。先日は、姫路の中堅ゼネコン業者にも家宅捜索が入った

 昨日、ようやく幹事長が検察の事情聴取に応じた。4時間余りの聴取の後、記者会見に応じた幹事長は「裏献金は一切もらっていない」との主張を繰り返した。説明すべき点があれば、これからも国民に説明していくとも語った

 言うまでもなく、政治は日々のなりわいに深くかかわる営みだ。真実を知りたいという国民の素朴な問いかけに対し、幹事長と検察のすっと分かりやすい答えを求めていきたい。

正平調 神戸新聞 2010年1月24日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-01-24 23:56 | 正平調