髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
経済だけでなく各分野で世界は時々刻々、動いている・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 1953年3月、スターリンがシ去すると米国で株価が暴落した。投資家が旧ソ連指導者のシを悼んだわけではない。彼のシが朝鮮戦争終結を導くという読みだった。市場の論理はドライである

 先週後半、米株価が大きく下落、東京市場も追随した。高リスク取引の制限などオバマ米大統領の金融規制強化案が嫌気された。市場に流れ込む資金が減るとの思惑が働いたようだ

 市場は資金の流入によって活気づく。しかし、過ぎたるはバブルにつながる。一昨年秋、金融バブルがはじけた直後から主要国は金融規制の強化を話し合ってきた。最大の経済大国が踏み出すことは是とすべきであろう

 ウォール街は猛反発している。実態の判然としない金融商品を駆使した、あくなき利益追求の結果が世界を巻き込む金融危機だった。その彼らが「従来通り自由に」というのはやはり身勝手ではないのか

 ただし規制の中身の良しあしやタイミングの問題はある。米議会の出方も見定めがたい。日本の今後の金融政策に絡む問題でもあり、太平洋のこちら側からも注視が必要だ

 経済だけでなく各分野で世界は時々刻々、動いている。鳩山由紀夫首相は小沢一郎民主党幹事長や自身の政治資金問題で気がもめることだろう。それでも、目配りを怠ってもらっては困る。

滴一滴 山陽新聞 2010年1月25日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-01-25 23:56 | 滴一滴