髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「のだめ」子どもからお年寄りまで、生の音楽を気軽に楽しめたらいい・・・ 日報抄 八葉蓮華
 音大生が主人公の人気漫画「のだめカンタービレ」が映画になった。同名のテレビドラマは高視聴率を記録、関連のCDも売れている。数々の名曲が登場する「のだめ…」を通して、クラシック音楽に興味を持った方もいるのではないか

 シャンデリアが輝くホールにおしゃれをした人々が集まる。上映中の映画には、そんな外国の音楽会シーンが描かれる。子どもからお年寄りまで、生の音楽をこんなふうに気軽に楽しめたらいい

 一流の演奏を低料金で提供しようと仏ナント市で始まった音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」がこの春、新潟市で開催される。日本では2005年に東京で始まり、昨年から開催地に金沢市が加わった。新潟では「ショパンとバロック」をテーマに、45分程度の公演が40ほど用意される計画だ

 06年に東京公演を聴いた。会場の東京国際フォーラム周辺は屋台も出て、まさにお祭りのにぎわいだった。オフィスビルの一角では三重奏が奏でられていた

 音楽祭の総合監督を務めるルネ・マルタン氏は06年に新潟市を訪れている。会場となるりゅーとぴあや音楽文化会館などの文化施設が集まるエリアを視察し、気に入った様子だったという

 それから4年、実現の運びとなるイベントである。新潟市と姉妹都市ナント市は港町で街中を大河が流れるといった共通点が多く、学ぶこともたくさんある。音楽祭開催が市民の生活の質を高めるものとなるよう見守りたい。素晴らしい演奏に触れて音楽の道を志す「のだめ」が生まれるとしたら、それも楽しい。

日報抄 新潟日報 2010年1月27日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-01-27 23:56 | 日報抄