髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
人口が減り続ける中、公共交通を軸に意欲的なまちづくり・・・ 日報抄 八葉蓮華
 ローカル列車に乗っていると、その土地の経済の厳しさと、逆風に負けまいとする地域の奮闘ぶりを実感することがある。岩手県の太平洋側を走る三陸鉄道でもそうだった

 駅舎に横断幕が掲げてある。「マイレール 三鉄沿線地域30万人運動」「新春の買い物は大船渡市内商店街で」「時間帯無料列車でお買い物を」。人口が減り続ける地方では、鉄道経営も商店街維持も並大抵の努力ではできない

 鉄道と商店街がタッグを組んで知恵を絞る。小さな待合室は清潔で、ストーブが暖かい。車内には子どもたちの絵が張られてにぎやかだ。事業者と利用者の連携も感じられた。公共交通を軸に意欲的なまちづくりを展開しているのが富山市だ。JR富山駅で「岐阜市・富山市観光物産交流展」のポスターを見掛けた。両市は高山線で結ばれている。「なるほど」と思った

 ことし糸魚川青年会議所は、南蛮エビ(ホッコクアカエビ)で糸魚川市を全国にアピールしようという取り組みを始めた。富山はシロエビで有名だ。例えば「北陸線沿線 糸魚川-富山 紅白エビサミット」なんていうのが実現できたら面白い

 「天地人」ブームに沸いた昨年、物語にゆかりのある上越市や南魚沼市などを鉄道で巡るフリー切符が発売された。これも「沿線」という発想で生まれた商品だ

 県内の大和3店舗はいずれも信越線沿線にある。「JRに乗って3店で買い物をすると特典が」-などと夢想してみたが、閉店が決まった今となっては後の祭りだ。鉄道と地域産業の連携をもっと考えたい。

日報抄 新潟日報 2010年2月1日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-02-01 23:56 | 日報抄