髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「インビクタス 負けざる者たち」民族や宗教などの違いで紛争は絶えない・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 あの人が今年80歳になると知って驚いた。米映画界を代表する俳優兼監督のクリント・イーストウッド氏である

 「夕陽(ゆうひ)のガンマン」「ダーティハリー」など若いころは西部劇や刑事もので、ニヒルなアクションスターとして活躍した。監督業に比重を移してからは、社会性の強い作品を撮るようになった

 最近は「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」の2部作で太平洋戦争を扱った。現在、日本で公開中の最新作「インビクタス 負けざる者たち」は、南アフリカのアパルトヘイト(人種隔離)を題材にしている

 舞台は1995年に南アで開催されたラグビーのワールドカップ。アパルトヘイトが終わったばかりで混乱が続く中、初の黒人大統領になったネルソン・マンデラ氏が主人公だ

 マンデラ氏は「白人のスポーツ」として黒人が嫌うラグビーを利用し、人種対立の克服を目指す。実話に基づいた映画で、南アの代表チームは奇跡の優勝を果たす。イーストウッド監督は「これは和解の映画」と強調する

 白人支配下で27年間も投獄されたマンデラ氏が獄中で考えたのは、南アを治めるために必要なのは白人を許すことだったという。民族や宗教などの違いで紛争は絶えない。敵を許すのは容易ではないが、この映画が発するメッセージは重い。

滴一滴 山陽新聞 2010年2月10日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-02-10 23:56 | 滴一滴